「2018年3月」の記事一覧

最適な調性を選ぶことと単純な伴奏形、音程を低めに感じて歌う意味、ピアノ伴奏が拍を刻まないこと。

142PV

レッスンノート

TZM フランス語、やはりAの鼻母音がかなり狭くなる傾向。 単純にアの鼻母音と思って発音、発声すると良いです。 これは恐らく単にA母音のことというよりも、単語の語尾ないしは、フレーズの終わりで狭母音化する 発声に原因があ […]

中低音の美声を活かすこと、音程の調節による胸声の利用法、ピアノ伴奏でダウランドを歌うこと。

138PV

レッスンノート

MYM 母音のIで発声すると、彼女の中低音は、良く響いて重さが適度にありながら明るさもあり、大変に良い声です。 今さらながら彼女の素質は、やはりメゾソプラノだとの思いを強くしました。 母音のAになると、響きが散るため、こ […]

ページの先頭へ