プーランクの音楽は、自分にとっては親しみのある同時代の作曲家の音楽というものです。 それは、いわゆるクラシック音楽というものを遠めに見て描くまったく個人的な音楽世界です。 音楽史とかアカデミックな芸術音楽と呼ばれるものと […]