TNF

発声練習では、息を吐くだけのシミュレーション。
息を軟口蓋に当てるのだが、軟口蓋の緊張を、痰を吐く時の状態と同じにする感じで息を当てる。
ドミソなど上向形は、高音ほど息を強くする。
換声点に近くなったら、喉奥を広げる。あるいは喉仏の下に共鳴腔があるイメージで、そこに息を強く当てること。

彼女の場合、歌声になったときに息を強くする感覚がわからないで、声の響きだけに意識が行きすぎるために、
高音発声が出来なくなる、と思ったからである。

喉を開けるとか、喉仏の下に共鳴腔があるイメージは、つまり喉を下げることにつながる。
あるいは、息を太く出しやすくする意味もある。
その方が高音発声に向いているからである。

イタリア古典歌曲集から、ヘンデルのAh mio cor
発声練習でも確認したが、地声の意識でも自然に小換声点を過ぎるとミックスするので、むしろ地声を忌避しないで、リラックスして声を出す方が結果が良い。
高音発声でも認識したと思うが、息を積極的に吐くという意識が、彼女の発声の課題をクリアする鍵になりそうである。

しかし、低音発声の場合は息の力をかなり抑制しないと、もろに地声になるので要注意。
腹筋を使うことで息を吐き過ぎないように抑制することと、声の響きを鼻腔に入れるような意識を持つことが、4点F以下の低音発声には必要。

高音発声が調子よかったので、Lasci ch’io piangaを復習した。低声用は問題なしだったのでオリジナルキーでもやってみたが、もう少し練習が必要。
しかし、クリアできそうな調子である。