スタジオ風景

大きく分けると、5点Cつまりト音記号で5線の上のドから下の領域では、喉を意識的に下げない方が良いです。 逆に上側は下げる意識を持っていると良いでしょう。 このことで4点Cから下の領域の歌声が暗く音程が♭になるのを防ぐこと […]