SM 発声練習は、低音域で喉を掘らないように、頭に響かせるだけにするよう、指示しました。 喉を開こう(下げよう)とすると、中低音域の声がこもって通らなくなったり♭に聞こえてしまうこと。 胸声区とその上の声区の段差が大きく […]